魔裟斗の現在は?山本kidと再試合!?の経緯、結果などwiki的プロフィールついて紹介

最近、また話題になりつつある格闘技

昔から見てる人もこれから見る人もわかりやすく情報をおくりたいと思います

今では2人の子供の父で、奥さんはあの矢沢心さんと仲睦まじい家族の大黒柱として

現在も多方面で活躍されていて

今まで日本のk-1を背負ってきたと言っても過言ではない

反逆のカリスマこと魔裟斗選手のプロフィールを紹介します。

k-1魔裟斗のwiki的プロフィールを紹介

a02318949621dffcc3d27b8fafedf5a7

引用https://jp.pinterest.com/pin/548102217129296751/

所属ジム  シルバージム
誕生日  1979年3月10日
身長/体重  174cm/70kg
階級  ミドル級
 タイトル歴 第19代全日本キックボクシング連盟ウェルター級王座

ISKAオリエンタル世界ウェルター級王座

k-1WORLD MAX2003 世界一決定トーナメント 優勝

k-1WORLD MAX2008世界一決定トーナメント優勝

2009年12月31日に現役を引退した魔裟斗選手

それまでの戦績は63戦55勝(25ko)6敗2分ととても素晴らしい戦績と言える

僕としてはまだまだ戦ってる魔裟斗選手を見ていたかったし

最後の引退試合は引退する年にk-1WORLD MAX2009で圧倒的な強さで優勝した

ジョルジオペトロシアン選手との試合が決まっていたんですが怪我で試合がなくなり

過去2戦2敗してる宿敵アンディーサワー選手と対戦し5R判定勝ちを収め引退したですが

僕は今でもジョルジオペトロシアン選手と戦って魔裟斗選手がko勝利して引退する姿が見たかったと思ってしまいます

魔裟斗選手の現在は?

引退した後も、週6で筋トレをしているらしく

まさかの現役時代より現在の方が締まった体をしているらしく

引退直後の体脂肪が9.6%に対し、現在は6%台。

驚異の数値でまだまだいつでも戦えますね。

i200

引用http://chiebukuro.yahoo.co.jp

仕事の方は身体を使ったバラエティー番組でよくお見かけしますが

その他にもラジオ、映画、テレビ、CMなど多方面からいろいろ出演されているみたいです

家族は、妻、女優でタレントの矢沢心さん

1_151130mynavi0052

引用http://woman.mynavi.jp

6年間の交際、5年間の同棲を経て2007年2月11日に結婚

長い5年間の妊活、不妊治療の経て2o12年6月に待望の長女が誕生。

そして2014年9月に第2子となる次女が誕生。

魔裟斗選手は自身の子育てについて、100点。完璧なつもりと

イクメンを自負する素晴らしいパパさんみたいです

 山本kidとの再戦!!!

2015年12月31日大晦日KYOKUGEN2015にて

2004年12月31日大晦日、11年ぶりの再戦を行った

shueishapn_20151204_57744_1

引用http://www.excite.co.jp/

2004年の試合はk-1ルールで試合が行われ

総合格闘技の山本kid選手が不利と思われましたが

試合開始1Rでまさかの魔裟斗選手をダウンさせるという白熱の試合展開に

その後もトリッキーな攻撃で魔裟斗選手を翻弄

だが最初のダウンで火がついた魔裟斗選手が最後は圧倒し

試合は魔裟斗選手が判定勝ちを収めた

が、k-1ルールで魔裟斗選手を苦しめ見せ場をたくさん見せたこの試合は

伝説の試合として語り継がれている試合です。

そしてその二人が再戦。

現役の山本kid選手は今も尚UFCに所属し現役

魔裟斗選手は引退してから6年のブランクがあり

まったく試合の展開が予想が出来ない状態

が試合が始まったら魔裟斗選手ブランクを感じさせず

山本kid選手を圧倒し

3-0判定で魔裟斗選手が勝利した

当時の試合を見ていたからかわからないが、魔裟斗選手はしっかりと体を作ってきており

申し分なかったが、山本kid選手の変貌ぶりには正直がっかりさせられる試合内容でした

ですが、この2人の戦いがきっかけでまた格闘技に火がついてもっともっと盛り上がって

欲しいなと思いました。

g20160101011789550_view

引用http://m.sponichi.co.jp/

まとめ

今も昔も魔裟斗選手はストイックで

さすが日本のk-1を背負ってきたカリスマだと

改めて思いました

10年後も魔裟斗選手と山本kid選手の試合をきっかけにして

格闘技を盛り上げてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする