2016年9月19日K-1 WORLD GP IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~の試合内容、結果について紹介

待ちに待ったこの大会!

24e274194139e35230240d482bb40922

引用http://efight.jp/

K-1スーパーフェザー級世界一をトーナメント方式で決めるこの戦い

まず決勝に駒を進める事が一番大事なんですが、

いかにダメージを残さず勝ち進んで行く事も大事になってくるのでそういったところも

気にしながら見ていきたいと思います。

この大会8人の選手が参加していてそのうち4選手は日本の選手なので紹介したいと思います!

K-1 WORLD GP IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~に出場している日本選手の紹介!

まず現スーパーフェザー級王者卜部弘嵩選手

1455628123

引用http://www.k-1wg.com/

初代王者にして弟の卜部功也選手を倒し王者に。ハイキックや足技が得意な選手です。

続いて、初代スーパーフェザー級卜部功也選手

1455629002

引用http://www.krush-gp.com/

日本代表トーナメントも決勝まで進み敗れはしたものの、王座奪還に挑む選手。

通称サウスポーアーティスト

次に世界戦が行われる前に日本代表トーナメントが行われてそこで優勝した大雅選手

14564835261

引用http://www.k-1wg.com/

-55kgから体重を上げいきなり日本代表トーナメントで圧倒的な強さで優勝した選手で、

今一番勢いのある選手と言ってもいい選手。

最後に、今までの功績が認められ参加した小宮山工介選手

1461991115

引用http://www.k-1wg.com/

空手の大会では60回以上優勝していてK-1の大会や試合でも過去素晴らしい戦績を

残している選手。

次に日本人の初戦の相手となる外国人選手を紹介します。

K-1 WORLD GP IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~に出場する外国人選手を紹介

1473840215_0sp

引用http://www.k-1wg.com/

現王者卜部弘嵩選手の初戦の相手となるヨハネス・ウルフ選手。

卜部弘嵩選手に一度勝っており、ドイツの鳥人と呼ばれている。

次に初代王者卜部功也選手の初戦の相手となるカリム・ベノーイ選手。

卜部功也選手に一度勝っており、ヨーロッパ軽量級最強選手。

次に日本代表トーナメント優勝者大雅選手の初戦の相手となるハビエル・エルナンデス選手。

蹴りもパンチも物凄い威力がありスペインの虎と呼ばれてる。

最後に小宮山工介選手の初戦の相手となるパウロ・テバウ選手。

ブラジルのピットブルと呼ばれる選手。

K-1 WORLD GP IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~一回戦。試合内容、結果

大雅選手対ハビエル・エルナンデス選手の1回戦

大雅選手はカウンター狙いとアウトボクシングのような打ってから外に逃げてからの膝蹴りを主体とする展開でハビエル・エルナンデス選手はローキックと前に前に出る展開

大雅選手がボディに膝蹴りとパンチを集めダウンを取りハビエル・エルナンデス選手が試合放棄したため2R,TKO勝利し準決勝へ!

王者卜部弘嵩選手対ヨハネス・ウルフ選手とのリベンジマッチとなる1回戦

お互い攻め合い2度のローブローで卜部弘嵩選手がイエローカードで減点になり判定に

判定で卜部弘嵩選手が勝ったが、王者と開催地が日本ということが少し判定の要因になってしまったと思えた試合で、延長が妥当だと思った。リベンジ成功し準決勝へ!

初代王者卜部功也選手対カリム・ベノーイ選手とのリベンジマッチとなる1回戦

卜部功也選手右ジャブから左ストレートが主体でローキックやボディに散らしながら攻める展開でカリム・ベノーイ選手はパンチ中心の展開で1R卜部功也選手の方が手数の部分とかでポイントを取り2,3Rはお互いどっこいどっこいって感じの展開で判定で卜部功也選手が勝利しリベンジ成功し準決勝へ!

小宮山工介選手対パウロ・テバウ選手の1回戦

小宮山工介選手は前蹴りとローキック主体の展開でパウロ・テバウ選手はパンチ主体の展開で

判定で小宮山工介選手が勝ち準決勝へ!これで準決勝は日本人対決だと思われたが、

小宮山工介選手が足の怪我により辞退したためパウロ・テバウ選手が準決勝へ!

K-1 WORLD GP IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~準決勝。試合内容、結果

現王者卜部弘嵩選手対日本代表トーナメント優勝者大雅選手の対決

最初からお互い攻め合い1R早々大雅選手がダウンを奪い卜部弘嵩選手にダメージは無さそうなダウンだったがその後は大雅選手が圧倒し大雅選手が判定勝利!!!

日本代表トーナメントからずっと勢いが止まらないですね!その勢いのまま決勝へ。

初代卜部功也選手対パウロ・テバウ選手の対決

最初から1回戦と同じく右ジャブから左ストレートのコンビネーションにローキックが加わり相手を圧倒し2Rに2度のダウンを奪いKO勝利した!

兄の返り討ちをし王者に返り咲くことは出来るのか!?

K-1 WORLD GP IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~決勝。試合内容、結果

初代王者卜部功也選手対日本代表トーナメント優勝者大雅選手との決勝戦!

前回日本代表トーナメントの決勝で戦っているこの2人、その時は大雅選手が勝ち卜部功也選手が勝てばリベンジ成功となり王者に返り咲くのか、それとも勢いそのまま大雅選手が勝つのか!?

1R3度のダウンを奪い

卜部功也選手が優勝!!!

いやー強かったですね!

右ジャブからの左ストレートが炸裂し圧倒!神がかってましたね!

おめでとうございます。

K-1 WORLD GP IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~のベストバウト

K-1 WORLD GP IN JAPANスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメントの

個人的ベストバウトを紹介します!

準決勝のこの試合!

決勝戦!いい戦いでした!

まとめ

決勝戦の観客の勝敗は大雅選手が70%を占めていたというのにやってくれて

みんなの予想を覆す大勝利だったみたいです。

これからも白熱した試合をお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする