朝久裕貴(あさひさひろたか)11月3日K-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメントのリザーブファイトに出場する!wiki的プロフィールを紹介

父が創った格闘術を受け継ぎ

褐色の爆撃機の異名を持つ

若干20歳のプロキックボクサー!

KrushやK-1を主戦場に戦っている

朝久裕貴選手のwiki的プロフィールを紹介します!

朝久裕貴wiki的プロフィールを紹介

ede86666eeb328058c56718910e24c562

引用http://www.krush-gp.com/

所属ジム 朝久道場
生年月日 1996年6月21日
身長/体重 170cm/58kg
階級 -58kg
タイトル歴 2011年WPMF(Jr)-55kg全国ランキング1位

Krush.WILD Rush League-58”準優勝”

KING Sフェザー級 1位

戦績は12戦9勝(2KO)3敗です!

まずまずの戦績ですね!

朝久裕貴選手が格闘技を始めたきっかけは

父朝久篤が道場の館長で

父に憧れて5歳の時に空手を始めたそうです!

10歳からキックボクシングも始めて

今に至ります!

所属ジムはもちろん朝久道場で

ストリ-ト(ファイト)の鬼と称される

父朝久篤から直接指導を受けていて

1日の練習時間は8時間だとか!!!

しかも1年のうちに休みはほとんどないとか。

練習内容も一般的にはやらないような

特別な練習があり

”朝久流養我(あさひさりゅうようが)”

というものがあるらしく、

朝久裕貴選手も細かい練習内容や技術の

正式な名前は知らないらしいが

幼いころからその練習をしている!

その練習はちゃんと試合で発揮しており

2016年6月4日に中国で行われた

WLF 武林風VSKrush 中日対抗戦

60kg契約で朝久裕貴選手が出場し

相手はWCKバンダム級世界王者

リー・ニン選手と戦い

”朝久流養我(あさひさりゅうようが)”の

練習成果を発揮し普通の人とは違う

ファイトスタイルで世界王者を翻弄し

見事世界王者に勝利した!!!

チャイニーズファイティングプロモーションCFPの方や

武林風の関係者から高い評価受けた!

この調子で次の試合でも力を発揮して欲しいですね!

11月3日K-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメントのリザーブファイトに出場!

11月3日K-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメントの

リザーブファイトに出場が決定した朝久裕貴選手!

リザーブファイトとは、

1DAYトーナメント戦で勝ち上がっても

怪我等で次の試合でドクターストップになった場合に

代わりに戦う権利を得る人を決める試合です!

この試合がK-1初出場となる朝久裕貴選手

弟の朝久泰央選手は先にK-1デビューをしていて

ct_duqgvuaa-4fr

引用https://twitter.com/

惜しくも負けてしまったのですが

兄の朝久裕貴選手は勝って

インパクトを残し次の試合に繋げたいですね!

リザーブファイトの相手は

大滝裕太選手

1448781426_0sp

引用http://www.krush-gp.com/

ネクサスジム所属の27歳

戦績は28戦17勝(8KO)9敗2分

朝久裕貴選手より倍ぐらい

キャリアのある選手ですね!

今までK-1WORLDGPに得意のフェザー級の階級が無く

出場の機会がなかったので

ここは派手に勝って

このフェザー級の大物選手になって欲しいですね!

期待しています!

まとめ

この試合は朝久裕貴選手にとって

大きな試合だと思います!

勝って自分と父から受け継いだ

力を見ている人みんなに

見せつけて欲しいですね!

応援してます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする